時間栄養学ダイエット!

人間はどうやら、24時間の間で食べた物の吸収率が違うらしい・・。そんな記事を目にしました。

その記事によると夜の21時以降は、同じチョコレートでも食べた後の脂肪への変換率が違うというのです。

そこで私は20時までに食事、間食などを終わらせるようにしました。http://jrenzella.com/

最初は20時までに1日の食事のすべてを終わらせるのは大変なことだと思っていましたが、慣れてくると朝ごはんが美味しい!そして夜のだらだらした時間の過ごし方が減り、規則正しい生活に自然とシフトしていきました。

20時までに食事を終わらせる生活を始めて3週間もすると、体重が少しずつ体重が落ち始めました。2ヶ月後にはストンと2キロの減量に成功しました。

それまではカロリー制限にとらわれており、一日の摂取カロリーを日中抑えられたと油断し、夜遅くにお菓子をつまんだり、高カロリーな飲み物を夜中に飲んだりしていたのです。

時間栄養学によると吸収率は、夜中の2時にピークを迎え通常の約3倍となるらしいのでとても恐ろしいと思いました。

一方、人間の体は15時に吸収率が落ちるらしく、昔から《3時のおやつ》と言われているおやつの時間には理にかなったいわれがあるのだと感心しました。

ダイエットは体の仕組みを上手に利用すると、ストレスが少なく成功率が上がるようになるのだと確信しました。

現在40歳ですが、157センチ44キロを無理なく維持できるように、今後も食べる内容だけでなく、時間にも気を付けて体と効率良く付き合っていきたいと思っています。