自分の足で歩いていたいの一生

歩くってすごいね。

立つってすごいね。鍛神HMBの口コミ

足、私の2本の足。いつもありがとね。

社会人になってからずっと、かれこれ十数年、接客業という名の立ち仕事をしている私は最近になってそんなことを強く思うようになりました。

年齢によるものもあります。

若い頃、それこそ20代前半~半ばの頃は、『仕事の疲れが翌日に残る』という経験がありませんでした。

それがなんということでしょう。明確に30歳、それはもうはっきりと30歳を迎えた頃から、体がバッキバキなんです、朝起きると。

全然疲れてる。

めっちゃ足だるい。

起きられる気がしない。

今日1日を乗り切れる気がしない。

なんとかしなきゃと、手っ取り早く手を出したのは『朝疲れてるならこれ飲んで』的なCMが流れているお薬。確かに効いている気もするけれど、一生飲み続けるのってなると違う。

次の一手として登場したのは、「肉食っとけば大丈夫なんだよ!」的な私の中の体育会系人格。そして食らう、肉を。

だけどこれはイマイチ効果がわからん。だって私、肉はずーっと食べていますから。

試行錯誤を重ねて辿り着いたのが、書店で手にした簡単にできる筋トレの本でした。

『摂取する系』の行動でなんでも解決しようとするタチだった自分を殴ってやりたいです。

だって、本の通りに10回ずつくらいの軽いスクワットを1日に数回やってみただけで、体がすっきりしたんですから。

あの、どうやっても取れなかったしつこい足のだるさが、さーっと消えていったんです。

朝から晩まで立ちっぱなしの立ち仕事、疲れて帰ってまだその体に鞭打つか?って思っていました。だから筋トレには手を出していなかったんです。

だけど全然そんなことない。やっぱ人間、基本は筋力。筋肉大事。だって体を動かしてるんだから。

歩いたり足ったり、ごく当たり前にやっているその動作、全部筋肉のおかげじゃん。

軽いスクワットごときで感動できてしまったからには、これはハマるし続けられそう。

怠けてないでコツコツやって、明日からも立ちっぱなしを生き抜きますよ。