次世代のラーメン食べてお肌プルプル

私は、沖縄そばが次世代ラーメンの主役になるという確信がいつまでも頭から離れない。

アスハダの効果と私の口コミ!届いた様子から解約方法まで全解説!

家族で沖縄旅行に行った時、現地で食べたあの素朴な味は今でも鮮明に記憶しています。カツオと昆布、鶏ガラや豚などの動物系の旨みを併せて作るあっさりしているが豊かな旨みのある出汁と、木炭の汁を練り込んで作る白くて食べごたえのある麺が特徴で、現地では上に三枚肉(豚バラ)が乗っているものを沖縄そば、ソーキ(骨付き豚肉の煮込)が乗っているものをソーキそばと言い分けている。

トッピングは店によって異なり、白いかまぼこや、ねぎ、卵焼きなどが乗っている店もあって、海の幸と山の幸が琉球の地で焼かれた(読谷村などが有名)どこか懐かしい器の中で共演していて派手な演出はないが、力強い沖縄の海風を感じます。

あまりに美味しかったため、滞在中の食事の半分以上が沖縄そばでした。

帰宅してもその味が頭の中で浮かび上がってきます。自宅で研究して木炭の代わりに重曹を使った簡単沖縄そばを作って家族や仲間に振舞ったりしていたほどです。

近年では流行のラーメンを、スープの種類(豚骨や味噌)ではなく、次郎系や家系ラーメンなど、独自の系統で括って総称して呼ぶ事が多い。日本人に馴染のある昆布だしの効いたダブルスープに「沖縄系」という総称が生まれる日も、そんなに遠くはないだろうと実感しました。