ヨーグルトをホットで飲むと良くなる事は

通常は、ヨーグルトの乳酸菌が冷たい状態が多く、内臓を冷やすことになるので胃腸の働きが鈍くなってしまいます。

ヨーグルトを温めると、胃腸の働きが活発になることが期待できます。http://www.levillare-villerssurmer.com/

ヨーグルトは、冷たい状態で販売されています。

ホットヨーグルトを試してみたい場合、温度に注意が必要です。余り熱くすると、乳酸菌が死滅してしまいます。注意点は、加熱しすぎないことになります。

水分と乳酸菌が分離して、ザラザラになってしまうこと。50度以上が、長く続くと乳酸菌が弱ってしまうことに繋がります。

上記の事から、40度くらいにして温めると腸内環境が改善する効果が期待できます。100グラムなら600ワットなら30~40秒でホットヨーグルトが完成します。

食べる時間帯は、1日のうち、朝食、昼食、夕食のうちからいつでも良いという意見もあります。ホットを作ったので、一番寒い朝食時がベストになっています。食べやすい時間帯を個人個人で決めて毎日摂取することで健康増進に繋がっていきます。

それでは、どんな感じで食べるかメニューを考えていきましょう。

ホットヨーグルトドリンクです。70度から80度のお湯をヨーグルトに混ぜるだけです。はちみつやオリゴ糖をたしてみるのも良いです。和食でお味噌汁タイプも考えてみました。味噌もヨーグルトも発酵食品なので相性はとても良いのです。味噌汁にヨーグルトを加えることで、カルシウムを補うことができるようになります。味噌汁にヨーグルトを加えることでカルシウムが補えます。さらにヨーグルト自体にこくが有るので、味噌の使用量を減らしてもおいしく感じます。結果として、減塩にも有効なことになります。普段飲んでいるコーヒーに入れるミルクの代わりにヨーグルトを入れるだけでさっぱり感を味わうことができます。まとめると、毎朝、100CC40度くらいで続けると健康増進に繋がります。

さらに効果を高める方法として、しょうがをヨーグルトに入れます。しょうがの成分であるシンゲロールは加熱することで、『ショウガオール』という物質に変わり、体を芯から温めることができるようになります。生のしょうがは、体を冷やします。ポイントは、しっかり加熱。気を付ける点としては、そのままトッピングをしないこと。加熱が、不十分になるからです。先に容器にしょうがを入れる。このしょうがヨーグルトは、私の家族には好評です。是非一度試してみてください。