加齢臭対策の方法について

あなたは、加齢臭対策はどのようなことをしていますか。
私は年齢が高くなるにつれて加齢臭がないか、気にするようになりました。
加齢臭の原因として、汗等の体液と整髪料等の匂いが入り混じったものです。
さらにたばこやコーヒーの嗜好品にも、加齢臭を高くするものもあります。

プルーストクリーム

特に40代になると、加齢臭が強くなるといわれています。
自身では加齢臭とは気づきませんが、家族や会社等で加齢臭の匂いに耐えきることが困難になります。
コロンや香水が効果的だと思いきや、逆に加齢臭とコロン等の香りで加齢臭を悪化させてしまいます。
加齢臭があるのか、確認する方法があります。「枕の匂いを確認すること。」です。

頭皮は、汗や頭皮の汚れが枕に付着することから枕の匂いをかいで匂いがきつければ加齢臭があります。
また、顔面の脂にも加齢臭が潜んでいますので、注意が必要です。
加齢臭にならないために、いくつか方法があります。
まずは「たばこを吸わない。」ことが重要です。

たばこを吸っていると、ヤニが体臭の原因となり、気がつかない内に体臭につながります。特に夏場は、高温多湿な日本では汗をかくことが多く、汗と色々なものがつながりを持つことから加齢臭が発生しますので、注意が必要です。

シャワーだけ浴びるだけでは加齢臭を消すことができません。夏場でも湯船につかることが重要になります。湯船につかることによって体内にたまっている汗をしっかり出すことができます。

食事でも加齢臭をなくす方法は、「和食中心の食事にする。」ことです。
この半世紀に和食だけでなく、洋食屋中華料理やインド料理等の料理のジャンルが増えています。その中でも和食は刺激のあるものが少なく、にんにくやにら等の食材に元から匂いが強いものがありますが、習慣づけて食べると加齢臭につながりますが、その時だけならば加齢臭にはつながりません。

加齢臭に効果のある食材として、野菜はトマトやブロッコリーやピーマン、果物ではレモンといちごとキウイフルーツがビタミンCが多く含まれています。

ビタミンEも加齢臭に効果があり、野菜ではアボカドやアスパラガスやかぼちゃやさつまいも、果物ではビタミンCの多いレモンの他にブルーベリーもあります。
逆に刺激や匂いがきつい食材を慢性的に口にすると加齢臭が発生します。