肌の保湿力が下がる原因とは

お肌の悩みの一つに「保湿力の低下」がありますが、それは何が原因なのでしょうか。

一つ目は、「季節・室内環境の影響」。ビューティークレンジングバームの最安値通販は?購入して3ヶ月使用した効果と私の口コミが衝撃的?

秋から冬といった、気温が急激に下がる時期は、空気が乾燥しやすくなります。

また、そういった時期でなくても、冷暖房を利かせた室内というのは、常に空気が乾燥した状態になっています。

そのような場所に長い時間いると、角層から水分が奪取され、保湿力が下がってしまうのです。

二つ目は、「ターンオーバーが乱れている」。

人間の肌は、ターンオーバーを何度も行うことで、角層細胞をこまめに入れ替え、肌のバリア機能を保っています。

しかし、睡眠不足や偏った食生活などでターンオーバーのサイクルが乱れると、古い角層細胞が残ったままになり、保湿力が下がってしまいます。

三つ目は、「誤ったスキンケア」。

洗顔などの際に肌を強くこすったり、頻繁に毛穴パックなどをしていると、角層が傷ついてしまい、保湿力が下がってしまいます。

四つ目は、「年齢」。

肌の保湿は、NMFという天然保湿成分と皮脂によって担われていますが、これらは加齢によって減っていきます。

それにつれて肌のバリア機能も下がっていき、合わせて保湿力も下がってしまうのです。