男の子と女の子を育てて

こんなに違うものかと、驚いている。セノッピーの効果と私の口コミ!

長男次男の出産から置くこと7年、長女を出産したのだが、

7ヶ月でつかまり立ちからのあんよ。

上のお兄ちゃん達があやしてくれるからか、机の上のものを邪魔だとばかりザザザーっと手で払い落とす、パンの形をしたリアルキーホルダーをかじるなどバカな事はしなかった。

それから二ヶ月、軟語ではあるが、しゃべりはじめた。

次男は1歳半、長男に至っては3歳に初めて「パーシー」(機関車トーマスのキャラクター)と発音するまで喋らなかった。

3番目にやっと産まれた女の子、フリフリ着せて、ですます調で喋らせて…等と日々、夢が膨らんだ。

そんなある日、

無邪気にキャッキャキャッキャと笑う娘の声としくしく泣く次男の声が、

夕飯の支度で、背を向ける私の耳に届いた。

後ろを見ると娘がコタツにつかまり立ちをしてそこで足踏みをしている。

次男の姿は、ない。

「ああ、次男ったら、コタツに潜って、また泣いてる。学校でいじめられたかな?」と、ため息をつき、キャベツを千切りにした。

少しすれば落ち着くだろう。そしたら何があったか話させよう。

千切りが終わり、コロッケを、揚げ終わってもまだ泣いている。

うーん。男の子はプライドの塊だもんなぁ…

やれやれと思いながら、

「とん、どーした?」

と言いながら、そちらに行ったら、

つかまり立ちで足踏みをし、無邪気に笑う娘

と、

首までコタツに潜り、顔を娘に足踏みマットにされている次男がいた。

「あこっ何してるの?!」

慌ててどかした。

どうやら、次男は「小さい子には優しくしなきゃいけない」ので、抵抗しなかったようだ。

この先、無邪気なまま、傍若無人になってゆく娘を見守る日々の幕開けの日の出来事だった。

2年間の授乳と遂に決行した断乳

完母で子育て中の方には必ず訪れる断乳・卒乳。セノッピー

2歳児の母である筆者はつい最近遂に断乳を決行そして成功した。

断乳に踏み切った大きな理由は二人目の妊活を始めたい!というものだった。

2歳になってからは昼間の授乳はほとんど無くなったが、眠い時や痛い時など心にダメージがあればすぐにオッパイという感じ。

そして大変だったのが夜である。相変わらず3時間おきの授乳というスタイルで、添い乳をしていた為、オッパイを咥えながらでなければ寝ない。熟睡する前に乳首を離せば起きて初めからやり直し。寝かしつけて家事をしようと思っても一度起きれば大泣きし熟睡するまで一時間程かかり、私もそのまま寝てしまう毎日。

周りのママ友に話を聞くとまだ授乳している子が案外多いものの、夜中の授乳には悩まされていないようだった。

そんな我が子がオッパイから離れるなんて事ができるのか?!と半信半疑ではありながらも、主人の長期休暇を利用し一度で勝負を決めるつもりで挑んだ断乳。

オッパイに絵を描く方法で試し、もしも酷く泣くようならと指しゃぶり防止用の苦いクリームも準備した。

結果から言うと絵を描く方法のみで成功した。3日間はうまく眠れず泣いたが数分程泣き抱っこで寝たり、マグでミルクを飲ませて落ち着かせたりで思うほど悲惨な状態ではなかった。

今でも眠る前のミルクは必須で数時間に一度は目が覚めて呼ばれるが今までとは比べ物にならないくらいすんなり眠り、熟睡している。

ちなみに我が子は断乳後昼寝を滅多にせず、平均就寝時間は7時半である。

人それぞれのタイミングがあると思うが私たち親子にとってのタイミングはあの時だったのだと思う。

今回の断乳成功には主人の頑張りも大きく、大泣きの時にミルクを作りに行ってくれたり、と一緒に挑んでくれた。そのお陰で私の負担は少なく済んだ。

今は心身共に余裕が生まれ、授乳していた時には無かったコミュニケーションが取れるようになり私的には大満足な断乳の経験になった。